株式会社 北嶋絞製作所 株式会社 北嶋絞製作所
株式会社 北嶋絞製作所|へら絞りとは|ヘラ絞りとは Spinning
へら絞り 技術紹介 会社情報 交通アクセス マスコミ掲載 Facebook 加工お問合せ
工場見学            

ヘラ絞り

ヘラ絞りとは Spinning

English Site
トップぺージへ

 

  横浜国立大学工学院研究院 機能の創性部門固体の機能分野 河井謙一教授著 「スピニング加工技術とその動向」より引用横浜国立大学大学院工学研究院 機能の創性部門固体の機能分野
川井謙一教授著 「スピニング加工技術とその動向」より引用
  金属は弾性と塑性という2つの性質を持っています。弾性とは金属に力を加えたときに、反発して元にもどろうとする性質、塑性は変形したままになる性質です。金属の塑性を利用した加工技術を塑性加工技術と言います。
 ヘラ絞り加工はこの塑性加工技術の一つです。板状や管状の素材となる金属材料を回転させ、専用工具を使って、局部的な塑性変形を徐々に繰返し与えて全体の製品形状を創成していく加工方法です。ヘラ絞りはスピニング加工:Spinning とも呼ばれています。イメージとしてはちょうど陶芸家がろくろの上で壷を作っていく様子に似ています。
 ヘラ絞りの歴史は古く、金属精錬技術の進歩とともに発展してきました。掲載した版画は中世ヨーロッパの木版画ですが、後方に立っている人が人力で大きなホイールをまわし、前方のヘラをもった熟練の工芸師が板からミルクポットのような容器を手にもったヘラで絞っています(横浜国立大学大学院工学研究院 機能の創性部門固体の機能分野 川井謙一教授著 「スピニング加工技術とその動向」より引用)。
 実際のヘラ絞りは金属を円盤状に加工したものを、横向きに回転する絞旋盤と呼ばれる機械の回転軸に固定し、ヘラと呼ばれる専用工具で絞って成形していきます。絞旋盤の回転軸にはあらかじめ、型が固定されていて、この型に沿うように、ヘラを使って金属板を成形していきます。数mmの小さなものから4mを越える大きなものまで、ヘラ絞りで加工することが出来ます。
 

 

 

  へら絞り作業風景
   当社工場にて:大型製品の製作
  2007.08.北嶋絞製作所 スタッフ全員 2007.08.20撮影

 

 
へら絞り
へら絞りの加工手順
当社の技術ポリシー
新しい取り組み
技術紹介
特殊金型使用の絞り加工
カーリング絞り加工
ネッキング加工
パイプの拡管加工
ねじ切り加工
増肉絞り加工
特殊形状へら絞り加工
特殊一体絞り加工
プレス絞り+へら絞り加工
大型製品加工:
人手による加工
大型製品加工:
油圧へら絞り機による加工
精密へら絞り加工
特殊金属のへら絞り加工
自動絞り機による
へら絞り加工
会社情報
会社沿革
機械設備紹介
関連リンク等
交通アクセス
マスコミ掲載履歴・視察等
リクルート
加工依頼のお問合せ
サイトご利用上の注意事項
世界を支える北嶋絞の技術
Facebook
 
株式会社 北嶋絞製作所
株式会社 北嶋絞製作所 〒143-0003
東京都大田区
京浜島2-3-10
TEL 03-3790-2300
FAX 03-3790-3044
次のページへ   へら絞りの加工手順  
Copyright(c) 2007 Kitajima Shibori Seisakusho Co., Ltd. all rights reserved.